・写真について

廃墟の魅力は、ヒトの管理から手放された人工物が自然の力であるがままに朽ち、自然界にあるべき姿に変わっていく様子が見えるところにあると思う。その変化は想像の範疇を容易く超えて、目の前に広がる景色が全てと訴えてくるように感じる。

・額について(縦23センチ*横30センチ)

写真の器として額をデザインした。「ありのまま」。

額も写真も延命処置をしなかったらどんどん褪せていくけれど、その経年変化も自然なことだと捉えてる。塗装やカバー、飾りもないけれど、その仕上がりの精度もあって良い形になった。

 

 

*額縁・写真3980円+送料520円=4500円

岡山・廃墟

¥4,500価格
  • 額を吊るせるよう、裏面にビラカン(フックのようなもの)をつけてます。

    木目や節など、天然木ですので自然ありのまま、加工せずにそのまま使っております。個体差はありますが悪しからずご了承ください。